フォールを知ろう!

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

フォールを使い分けよう


キャストしたジグが沈んでいる状態を「フォール」と言いますが、フォールは大きくわけて2種類に分類されており、それぞれ使うシュチュエーションが違うので使い分けが重要です。


真っ直ぐ底まで沈ますのを「フリーフォール」、斜めに(岸に向かって)沈ますのを「カーブフォール」といいますので、とりあえず覚えておいたほうが後々知識として役に立つのではないかなと思います。





フリーフォールはキャスト後もベールを起こしたまま沈める事でノンテンションでラインが沈んでいくため垂直に沈んでいく事になります。(もちろん潮の流れで着底位置はズレますが)


カーブフォールはジグが着水した後ベールを戻し、テンションがかかった状態でジグが沈んでいく事で、着底まで斜めに(自分に向かって)沈下していく事になります。





基本的にはフリーフォール







フォールは使い分けたほうが良いとは言いましたが、実際はカーブフォールさせる場面は限られてくるので、基本的には「フリーフォール」オンリーと考えておいたほうが良いです。


単純にカーブフォールだと岸に向かってジグが向かってくる分けなので、その分責められる範囲が狭くなるわけですね。水深が深ければ深いほど岸によってしまうのです。


例え100メートルキャストしても40メートル岸寄りに戻ってくれば実質60メートル分しか責められないとなると、どれだけ効率の悪い事をしているかは一目瞭然ですね!


フリーフォールであればほぼ真下に着底しますので、効率よく海中をジグで探れるって訳です。


カーブフォールを使う場面


じゃあカーブフォールの使い道はないのか?となればそうではありません。


フリーフォールはラインを放出させたまま着底させるので、底をとるのがカーブフォールに比べて難しいです(参考:底のとり方


カーブフォールであれば着底したと同時にコツンとロッドに反応が返ってきますし、ラインの様子を見ておくだけで着底したかどうかを容易に判断する事が可能です。



後は、歯の鋭い魚(太刀魚、サワラ)を狙う時はカーブフォールのほうが良いです。

フリーフォールだとジグのブレ幅が大きく魚がバイトに失敗しラインブレイク頻発になってしまうのですが、カーブフォールではジグが安定して沈んでいくためそのような事態を極力避ける事ができます。


それ以外は基本フリーフォールでオッケーです!

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク