アクション不要!?リトリーブのみでも釣れるのか?

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

リトリーブのみで釣れる?


ショアジギングには様々なアクション(参考:基本テクニック)があるのですが、果たしてリトリーブ(ただ巻き)だけでは釣る事は不可能なのでしょうか?


結論から言いますと、リトリーブのみでも十分魚を釣る事は可能ですし、場合によってはタダ巻きのほうがアクションを付けるよりも食いが良い時があります。


しかし、多くのショアジギンガーはリトリーブのみを嫌う傾向にあり、基本的にジグアクションをつけるのが一般的になっているのです。

なぜこのような状況になったのでしょうか?考えていきます。


基本的にはアクション有りのほうが釣れる



冒頭でリトリーブのみで釣れるとは言ったものの、経験的にみてアクションをつけた時のほうが魚の反応は良いです。

肉食動物(魚も含め)は基本的に動くものに反応してしまう特性があります。特に光ものには弱く、フラッシングしてキビキビ動いているものなんてのは、そりゃーもう彼らからすれば本能が疼いてしかたない訳ですよ。


となれば、やはり動きが俊敏になるアクションのほうがリトリーブより優位な訳でして、結果的に多くのジギンガーがアクションをつけた釣り方をするようになっているのですね。



もちろん、リトリーブのみのほうが食いが良い場面もあるでしょうが、その判断をするのが難しいですし、基本的にショアジギングはジグアクション有りきの釣りだという事を前提にしておいたほうが良いですね。


リトリーブ速度は?



仮にリトリーブ(タダ巻き)のみで釣るとなれば、肝心なのはリトリーブの速度。一概には言えませんが、基本は高速早巻きになると思っておきましょう。


細かい事を言えば魚種によって好みのリトリーブ速度もあるのですが、その差を理解できるのは上級者になってからでしょうし、僕自身リトリーブのみの釣り方を熟知している訳ではないので偉そうな事はいえません。


確実なのは同じスピードで巻いてくるのではなく、5キャスト毎にリトリーブの速度を変えてみて反応があったスピードを重点的に責める事ですね。リトリーブ速度と、当たりのあったタナを確実に記憶しておきましょう。


キャスト毎に3回は着底を



ポイントによって回数は調整して欲しいのですが、1キャストで3回は着底するようにしておいたほうが良いです。リトリーブのみに関わらず全てのアクションに言える事ですね。


魚はずっと一定の層にいるのではなく底にいたり中層にいたり表層にいたり、とその時の状態によっている場所が違います。


タダ巻きしている人で良く見かけるのが、一旦着底→高速巻き上げ→表層まででたらそのまま表層引き。

これでは効率が悪い(一度のキャストで責めれる範囲が狭くなる)ので、面倒でも複数回底をとるのが釣果を得る大きなポイントです。フォール中ってのは一番当たりが多いタイミングでもありますしね。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク