ジグの着底を知る

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

底をとり、ジグの着底を知ろう!


ショアジギングにおいてジグの着底を知る事は絶対条件。


いつまでも底を取れずにジグを水中に放置していると根がかりが頻発して釣りになりませんし、潮の流れが早い時はどんどん流れの方向にジグが流されていってしまいます(そもそも着底しない可能性もあります)


ジグが流されてしまえば隣の人と祭ってしまい要らぬトラブルの元です。気持ち良く釣りをするためにも、底を取る時は集中して確実に着底を知るようにしましょう。


底をとる意味



そもそも、必ずジグを着底させなくてはいけないルールなんてあるの??と疑問に思っている人も多いでしょうし書いておきますが、「必ずしも底をとる必要なんかない!」というのが本当の所。


中層まで沈めてリトリーブを始めても良いし、なんらな表層でジャカジャカやってるだけでも釣れる時は釣れます。大事な事なので2回言いますが「釣れる時は釣れます


基本的には魚は色々なレンジ(層)にいるので、まずは魚の場所を知るために底から中層をジグで探るのです。そのためにジグを一度ボトムまで着底させ幅広く魚の居場所を突き止めるんですね。


ボトムまで沈めているフォール中に魚が追いかけてきて、跳ね上げた瞬間にガツン!とくる事も良くある話です。


根がかりのリスクは当然増しますが、メタルジグを使用する時は底を取るのがセオリーですし、もちろん釣果も適当に探るよりは良くなる傾向にあります。


ナブラがでて必ず表層に魚がいる場合や、複数回キャストして魚のレンジが分かった場合などを除き、基本的にはジグを着底させてからのリトリーブが理想といえますね!



底のとり方



フリーフォール(真っ直ぐジグを沈める)を想定して説明します。





いつも通り絵が下手で申し訳ないです。


キャストした後に一度糸ふけをとりベールを再度起こしてフリーフォールでジグを沈めます。(参考:「フリーフォール」と「カーブフォール」について


この時にスプールからでているラインを放置しておけば、凄い勢いでラインが放出させるのは言うまでもないですよね?風が強ければ強いほどラインの放出スピードは増します。


なので、ラインの放出量を調整するために軽くテンションをかけてやる必要があります。図のように親指と人差し指でラインを軽く挟み、テンションがかかり過ぎないようにラインを送り出してやります。


あまりに強くテンションをかけてしまうとカーブフォールの状態になりベールを上げている意味を成しませんので、あくまでラインが風で流されない程度の圧で挟むようにして下さい。


後は着底を待つだけ。


ジグが沈んでいく限りはラインは出続けます。ジグが着底したらラインの出が止まる(遅くなる)ので、そのタイミングでベールを起こし、根がかりを避けるように大きくロッドをシャクリます。


これで底を取れていますので、後はこれを繰り返すだけです。一度目のキャストで着底までをカウントしておけば大体の目安が掴めるので数えておきましょう。


ちなみにいつまで経っても着底しない場合は、潮でジグが流されているか、もしくは魚がヒットしているかのどちらです。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク