キャスト時の垂らしの長さ

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

キャスト時、垂らしの長さはどの程度が良いのか?



ショアジギングに(釣り全般)においてキャストという技術はとても重要な要素であり、特に飛距離が必要なポイントであれば直接的に釣果に繋がる事もあるのでできる限り高度な技術を身につけておきたいところです。


人気の高いポイントであれば横の人との間隔が1メートルもない事もあります。その場合、キャストをミスれば即トラブルに繋がります。要らぬトラブルを起こさぬためにも、性格なキャストは必要不可欠なのです。


キャストを上手くこなせるかどうかは力の入れ方だったり、ロッドの振り方だったり、経験がモノを言う世界ではあるのですが、それ以上に大事な要素に「キャスト時の垂らし」が挙げられます。


高々垂らし一つでキャスト精度があがるの?と疑問に思う人も多いと思いますが、垂らし一つでキャストの精度は変わりますし、飛距離も差がでるのです。


では、どれぐらいの垂らしが一番ベストなのでしょうか?


飛距離が必要な場合





飛距離が必要な場合、、というより、後ろに十分な間隔があり、人も少ない状態であれば垂らしは長めにとっておいたほうが良いです。


キャストは自身の腕の力で投げたほうがよく飛ぶ!と思っている人も多いと思いますが、これは間違いです。実際はジグの遠心力だったり、ロッドの反発だったり・・・道具が持つポテンシャルに依存しているのが正解です。


垂らしが長いほうがジグ(ルアー)が円を書くように振り切る事ができますし、その反動でロッドが反発し、そのタイミングに合わせてキャストしてやる事で抜群の飛距離を得る事ができるんですね!


少し難しい部分もありますが、最終的にはできるようにならないといけない事なので身に付けるようにしておきましょう。


ロッドの長さによりますが、10fの場合おおよそ3メートルになるので垂らしを2メートルほどとっておけば間違いないでしょう。



精度が必要な場合



垂らしを長くとると、言わずともキャストの精度が落ちる事は分かるかと思います。ピンポイントでキャストしたい時には垂らしを短くしてやるのが鉄則です。


とはいえショアジギングではそれほど高精度なキャストは必要ではなく(ナブラ撃ちぐらい)考えなくてはならないのは、他の釣り人とのトラブルなのです。


冒頭でもお伝えした通り、人気の高いポイントでは人と人との間が1メートルもない事がよくあります。そのような状態で垂らしを2メートル以上もつけてしまえばどうなると思いますか?


最悪の場合ジグが他人にぶつかってしまいます。怪我では済まない可能性もあるので注意が必要ですね。


キャスト時に少し左右にズレただけでお祭り(他人のラインと絡まる)になる事も多く、真っ直ぐキャストできなければ最早釣りをする以前の問題になってしまいがちです。トラブルの元にもなるので、自信がない時は空いているポイントを選択するようにしましょう。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク