「ジャカジャカ巻き」を極めよう

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ジャカジャカ巻きを極めるは釣りを制す


ジグアクションと聞けばなんだか難しいイメージを持ってしまいがちですが、「ジャカジャカ巻き」に関してはそのような心配は微塵も必要ありません。

簡単に説明すると、名前の通りジャカジャカとロッドを煽って高速で巻いてくるだけのジグアクションです。

正直いって、誰にでもできるアクションですし、なにより魚の活性が高ければ高いほど高釣果を得る事ができるため多くのジギンガーが愛用しているショアジギングの基本テクニックですね。


ショートジャークとの違い



ジグアクションの一つにワンピッチショートジャークというテクニックがあるのですが、ジャカジャカ巻きと同じ意味合いで考えている人があまりにも多いのでここで明言しておきます。


「ジャカジャカ巻きとショートジャークは全くの別物です!!」



まぁアクションそのものは共通している部分もあるのですが、ショートジャークは1アクションにリールひと巻きのペースでリズミカルにジグを動かしていきます。


一方のジャカジャカ巻きですが、リールの毎回数など気にもせずにとにかくロッドをシャクリまくります。その名の通り、ジャカジャカしまくるのです。悪い言い方をすれば適当にジャカジャカするだけ。


まぁアホみたいにロッドを煽りまくるのはどうかと思いますが、まぁそんな感じ。



ジャカジャカ巻きの基本動作






これ以上説明する事がなくて若干困ってはいるのですが、一応ジャカジャカ巻きの解説をいれておきます。


基本的にロッドは立て気味に構えておき、ジグ着底と同時にポーンと一度ハネさせた後にジャカジャカスタートです。フォール中にジグを追ってきている魚を逃さないように一度大きめのジャークで誘うのが効果的だと僕は考えています。


後はひたすらジャカジャカ巻く。食わせのタイミングを途中で入れてやるのも効果的かもしれませんね。俗にいうストップアンドゴー的なノリで。



そして、ジャカジャカ巻きが本領を発揮するのが「ナブラ」発生時。魚の活性がマックスになっていますので、ジャカジャカ巻きのようなシンプルかつ動きのあるアクションに非常に良く反応してくれます。


ただし、あまりに高速にアクションしてしまうとナブラが散ってしまう事もあるのでそこら辺の調整は大事です。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク