アシストフックは必要なのか?

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングにアシストフックは必要なのか?




ショアジギングで主となるルアーは「ジグ」なのですが、ジグそのものにはフック(針)が付いていない場合も多く、自分でフックを選択し、装着しなくてはいけない場合もあります。

と言うより、ジグ購入時に標準装備されているフックはバランスは良いものの、耐久性などで不安を感じる場面が多々あるので、僕的には「他のフックに付け替え」たほうが良いと考えています。


では、ショアジギングではジグにどのようなフックを装着すれば良いのでしょうか?


トレブルフックは基本的にナシ



一般的なルアーフィッシングで使用されているのが、上のようなトレブルフックなのですが、個人的にショアジギングという釣り方にトレブルフックは不向きではないかと考えています。


針が多くついているトレブルフックのほうが針がかりもよく、ジグを食いに来た魚を釣りやすいのではないか?と考える人は多いと思いますが、実はアシストフックに使われているシングルフックのほうが食いが良かったり、フッキングが良かったりと、、、多くのメリットがあるのです。

不容易に魚を傷つけるリスクも少なくなりますし、特にトレブルフックに拘る必要はありません。


アシストフックの必要性



トレブルフックはダメ・・・となると、どのようなフックを使用すれば良いのか?答えは上記のようなアシストフックでして、最早ショアジギングでは当たり前とされているフックシステムです。

アシスト。というぐらいなのでサブのフックというイメージを抱く人も多いと思いますが、ショアジギングにおいてアシストフックはメインフックに成り得るのです。


アシストフックの付ける場所


さて、ジグには前と後ろ、合計二箇所にフックを装着できるようになっているのですが、ショアジギングではアシストフックは必ず前に装着するようにして下さい。

目玉が付いているほうがジグの前となります。


青物は基本的にジグの頭から真ん中を目掛けて食らいついてきます。なので後ろにフックを装着するよりも、前にフックを装着するほうがフッキング率が上がるとされています。


アシストフックの長さ


一言でアシストフックと言えど、長さも違いますし、そもそも装着するジグの大きさが違います。

使用するジグによってアシストフックのサイズ(長さ)も変えるのが一般的ですが、基準としては「ジグの真ん中にアシストフックの先」がくるようにしておくのが良いでしょう。


経験上、アシストフックの長さが多少合っていなくても魚の食いは変わらないように思いますが、なによりアシストフックが長すぎるとラインに絡まったり、ジグのアクションが不安定になったり・・・と、不都合が多いのです。


アシストフックは数種類のサイズを用意しておくほうが良いでしょう。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク