ショアジギングで使えるオススメジグ

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングでオススメのジグ


ショアジギングでメインで使用するルアーは「ジグ」なのですが、一言でジグと言っても色々な種類がありますし、その特性も様々。

なんとなくで選んだ(購入した)ジグを投げてシャクっていても、「本当にこのジグで釣れるのかな?」という疑問を抱いてしまい、結果モチベーションの低下に繋がり釣果は散々な事に。

意外にも釣りとメンタル状態の関係ってのは密接で、不思議な事に「釣れない」と考えてしまうと本当に釣れなくなるのです。


「釣れる!」と確信の持てるジグで勝負するのが釣果を上げる事に繋がりますし、なにより根本的な部分である「状況にマッチしたジグ」を使うのはショアジギングで結果をだす第一歩です。


このページでは「ショアジギングで使用するオススメのジグ」についてお話しています。


これ!といったジグはない



ジグの場合、ルアーとは違いそれほど精巧に作られている訳ではありません。なのでこのメーカーのこのジグが〜〜と絶対的にオススメできるジグっていうのは個人的にありません。


多少なりともアクションに違いあれど、活性が高い青物がそこにいるのであればどのようなジグでも釣れてしまうのです。(100均のジグでも釣れます)


自分の好きなメーカーや価格帯、ジグそのものの形など、結局のところ自分の好みな訳でして、前述した通り「釣れそう!」と自分の中で結論づけれるジグを選ぶことでメンタル的にも優位な釣りをする事が可能です。


強いて紹介するのであれば




↑自分の中で一番釣果が高いジグ。これを投げているだけで「釣れる!」いいう謎の自信がつくほど。


ジグのカラーについて



個人的にはショアジギングにジグのカラーなんてものはそこまで重要ではないと思っているのですが、ずっと同じカラーのジグを投げ続けるのは飽きもきますし、釣れる気持ちも薄れてきますので、ほどほどにカラー別でジグを持っておく必要があります。


持っておきたいジグカラーはピンク系ブルー系の2つ。このカラーさえあれば他はいらないんではない?と思えるほどの定番カラーです。


ピンク系は光量の低いマズメ時、ブルー系は日中に効果ありと言われていますので、その時にあったカラーセレクトを。


ジグの重さについて



メーカーよりも形よりもカラーよりも、、、ジグ選びにはウエイト(重さ)が大事です。

特に難しく考える必要はありませんが、軽いジグのみであれば潮流の速い場所では使えませんし、逆に重たすぎるジグであれば水深の関係で根がかりが頻発する事に。


要するに色々なウエイトのジグを揃えておこう!という事ですね。

20、40、60、80、100g、これだけあれば問題なし!それぞれピンクとブルー系カラーを持っていけば海がどのような状態であれ対応する事ができます。


現場に持っていくジグの数



ジグって結構重量があるので、無駄に沢山持っていくのは避けましょう。特に地磯など30分以上歩く事を前提にしたポイントの場合、荷物を1gでも軽くしておくのが鉄則となります。

100gのジグを10個持っていくだけで1キロですからね。考えただけで恐ろしい。


逆に少なすぎてジグの数が足りない(根がかりロストなど)となるのもまた大惨事ですので、まぁ20個ほどもっていけば良いでしょう。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク