ショアジギングで使用するラインについて

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングで使用するラインについて


釣りにとって「ライン」というのは切っても切れない関係であり、ここでの選択を間違うと釣果に物凄い影響を及ぼすといってもおかしくないほど重要なものなので、しっかりした知識を身につけ、自分に合ったラインを選択しましょう。

このページではショアジギングで使用するラインについて書き出していきます。


PEラインオンリー



一言でラインとはいっても大きく3種類に分けられており、ナイロンライン、フロロカーボン、PEラインと、ルアーフィッシングではこの中からそれぞれの特徴を考え、ラインをセレクトする事になります。


我らがショアジギングカテゴリでは、他の2種類はリーダーのみで使用し、メインラインは必ずPEラインを選択するようにして下さい。


PEライン以外では飛距離が落ちますし、なにより伸度が高いためにジグにロッドアクションが伝わらなくなるのです。

トラブルが多いイメージが強いPEラインですが、ここは譲ってはいけません。


使用する号数



ラインの強さを表す単位に「ポンド」が使われていますが、この単位はラインがどれだけの重量に耐えられるかが分かるようになっており、狙うターゲットや釣行するフィールドにより変更しなくてはなりません。


ショアジギングでの基本号数は、最低でも2号以上のPEライン。防波堤やサーフから中型青物をメインにするのであれば2号でも十分やり取りできます。(不意の大物でも慎重にやり取りすれば意外ととれます)


地磯をメインフィールドにする場合は、3号以上がオススメですが、それ以上の太さになるとリールもロッドもそれ相応のものを使わなくてはいけませんのでタックルを購入する時は全てのバランスを考えてからにしましょう。


また、同じ号数表記でもメーカーにより太さが違う(誤差範囲ですが)事もありますので、気になる人は釣具店の店員さんに相談してみるほうが良いかもしれません。


管理人使用ライン


よつあみ(YGK) G-soul スーパージグマンX8 200m 35Lb(2)
よつあみ(YGK) (2013-07-12)
売り上げランキング: 4,642



ラインに関してはこれといって決まったものを使用している訳ではなく、巻き替えの度に違うメーカーのラインを巻いてみるのですが、やはり天下のよつあみ(YGK)のものを選択していれば間違いないと思います。


ちなみに値段に負けて安物(2000円とか)のPEラインを購入した場合、後でライントラブルなどで泣きをみる事になる可能性が高いので、できる限り高くても信頼できるラインを選択するようにしましょう。


リーダーは必須



基本中の基本なのですが、PEラインを使用する時はリーダーを付けるようにしましょう。フロロカーボンで1000円もだせば売っているはず。

PEラインというのは引張りに対しての強度は強いのですが、擦れに対してはめっぽう弱いです。魚のエラに当たっただけでも切れてしまう可能性がありますので、先端にはスレに強いフロロかナイロンを付けるようにしましょう。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク