ナイロンラインは使えないのか?

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングではナイロンラインは使えない?


ショアジギングで使用するラインのページでも紹介した通り、ショアジギングで使用するラインはPEライン一択です。

一度ショアジギングが盛んなフィールドに行き、ルアーマンのリールに巻かれているラインを観察してみて下さい。おおよそ、全員がPEラインを巻いているものと思われます。


なぜショアジギングにおいてPEライン以外のラインが選択されないのでしょうか?このページでは、ナイロンラインが使用されない理由について紹介していきます。


使えない事はない



誤解のないように冒頭でお伝えしますが、決してショアジギングでナイロンラインが使えないと言っている訳ではありません。PEラインよりは向いていない。という話です。

中にはナイロンラインをメインに使用している人もいるでしょうし、場合によってはナイロンラインでしか釣れないシュチエーションもあるのかもしれません。


この後紹介するナイロンラインのデメリットを分かった上でなら、ナイロンラインでショアジギングを楽しむ事は可能です。


飛距離がでる



PEラインはナイロンラインに比べて表面積が小さく(細く)、その分同じ強度でもナイロンラインより細いラインを使用できるようになります。

そうなるとキャスト時に生じる摩擦が少なくなる事は言うまでもなく、摩擦が少ないという事は、PEラインは(同じ号数を使った場合に)ナイロンラインよりも飛距離面で優れているといえます。


ショアジギングにおいて飛距離は正義。1mでも先に飛ばせるようにしておきたい所です。


伸度の問題



ショアジギングは基本的にはジグにアクションをつけて魚を誘う釣りなので、ロッドの動きをそのままジグに伝えなければなりません。要は伸びが少ないラインのほうが向いているという事。


ナイロンラインというのは20%〜40%ほどの伸縮があるとされており、200mラインであれば最小でも40メートルは伸びが生じてしまう計算になります。これでは思うようにジグをアクションさせる事ができません。


一方のPEラインはというと、伸度は限りなく0%。どちらがショアジギング向けのラインかなんて、言うまでもありませんね!

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク