リールをメンテナンスしよう!

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

リールを簡単にメンテナンスしよう!


リールは釣り道具の中でも海水と接触する機会の多い道具なので、釣行後ほったらかしにしていたのではすぐに劣化してしまいます。

最近のリールは低価格帯(1万円〜)でも高性能になっているので以前ほどジビアにならなくても良くはなってきているのですが、やはり完全放置では道具がもつポテンシャルを最大限に使う事は難しくなるでしょう。


僕の場合、グリスを塗ったり、オイルを注入したり、難しい事はその道のプロ(釣具屋さん)に任せるようにしているのですが、最低限釣行後に行っているメンテナンスがありますのでこのページで紹介したいと思います。


基本的に丸洗い


各メーカー共に中級機以上であれば防水機能が備わっていますので、釣行後はお風呂のシャワーで直接丸洗いするようにしています。汚れは簡単に落ちますし、濡れタオルで拭き取るよりも確実性が高いといえます。


気をつけなくてはならないのは「ドラグを締める事」





ドラグがユルユルの状態で丸洗いしてしまえばリール内部に水が浸水してしまい、想定外のトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。メンテ前にドラグを閉めたかを確認するようにしておきましょう!


スプールを外し乾燥させる


丸洗いが終われば後は乾燥させるだけ。間違っても濡れたまま放置はやめるようにしましょう。軽くタオルで拭き取り、日の当たらない場所でゆっくり乾燥させてやるのが良いとされています。


乾燥時、スプールをつけたままにしておくと乾燥が遅れ、内部に水が溜まった状態になりやすいので、基本的にはスプールを外して乾燥させるほうが良いと思います。


また、PEラインは潮が原因による劣化の恐れがあるので、それを防ぐためにスプールのみを水に2〜3時間つけておくのも一つの方法です。そうすればラインの奥まで塩分を取り除くことができ、PEラインの劣化を防ぐ高価が期待できます。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク