ショアジギングのリールを選ぼう

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギング用のリールを選んでみよう


他のルアーフィッシング同様、ショアジギングもキャストを繰り返して魚を狙っていく事にある。数百は序の口で、日によればそれ以上ものキャストをしなくてはならない。

そうなればリールに負担がかかるのは当然であり、道具の中で最もシビアに扱わなくてはいけないのが「リール」です。

このページでは、ショアジギングで最も大事ともいえる「リールの選び方」について書いていこうと思います。

ちなみに管理人である僕はこのリールは使用しています


SHIMANO(シマノ) 13 バイオマスターSW 4000XG 031587
SHIMANO(シマノ) (2013-09-04)
売り上げランキング: 6,789



リールのサイズ



リールには狙うターゲットや使用環境にマッチできるよう、各シリーズにそれぞれ沢山のサイズが用意されている訳ですが、ショアジギングの場合、どのサイズはセレクトすればよいのでしょうか?


結論から言うと、ダイワであれば3500〜4000番。シマノであれば4000〜5000番を選ぶのが良いです。


番号が大きいほどスプールの大きさが変わってきますので、最大の糸巻き量が増えます。フィールドによって号数は変わってきますが、最低でもPEライン2号を200m以上巻いておけるリールをセレクトするようにしましょう。


本格的な地磯でブリやヒラマサなどを狙う場合はPE3号以上が必要です。


HG(ハイギア)以上を選択する



単純な話、通常のリールよりギア比が高いものを選ぼうという事。

通常のリールは1:5前後なのですが、HGの場合は1:6前後。ひと巻きの糸巻き量が多いリールのほうがショアジギングには向いているといえます。

何故HG以上のほうが良いのかというと、高速アクションが主流となるショアジギングにおいて、速くリールを巻くことはとても大事な事なのです。スローなアクションでは青物は興味を示してくれませんので。

ただし、HG以上のリールは負荷が大きくなるので、通常のリールよりも疲れる事も理解しておきましょう。


安いリールでも大丈夫?



人によって高い安いの基準は変わってくるでしょうが、基本的に1万円以下のリールはショアジギングには適していないと思っておきましょう。やはり耐久面で不利になります。

場合によっては一回の釣行でダメになる事もあるので、最低でも1万円の予算は必要です。安くでオススメなのはシマノのアルテグラシリーズでしょう。



シマノ(SHIMANO) 12 アルテグラ 4000HG 029362
SHIMANO(シマノ) (2012-09-24)
売り上げランキング: 37,819



とはいえ、予算が許すのであればバイオマスター(管理人愛用)、欲をいえばツインパワー以上の性能を求めたい所です。ただし、めっちゃ高いです。


ベイトリールは使えるのか?



リールにはスピニングとベイト、二種類があるのですが、ショアジギングにはどちらが適しているのでしょうか?

正直、どちらか好きなほうを選べば良いとは思いますが、現時点ではスピニングリール一択の選択肢になってしまいます。

というのも、ショアジギングロッドでベイトリールに対応しているものが少ない(というよりないかも)ですし、なによりバックラッシュなどのトラブルも多く、初心者には少し敷居の高いものとなるからです。


実際フィールドでベイトリールを使っている人を見たことがありませんので、やはりスピニングリールを選択したほうが無難だと言えます。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク