ショアジギングロッドを選ぼう

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングロッドについて


一昔前まではショアジギングというスタイルは確立されておらず、シーバスロッドを代用で青物を狙っていたのですが、近年ではほとんどのメーカーがショアジギングに力を入れており、ロッドの選択肢も増えてきました。


ショアジギングでは40g〜の重たいジグを扱う事がメインとなるので、専用のロッド以外でやるとなるとそれ相応のリスクが伴う(折れたり)事になりますし、そもそもまともにキャストもできず、ロッドアクションもできない・・・

といった状態になる事は目に見えていますので、本格的にショアジギングを始めるのであれば専用のショアジギングロッドを購入する事を強くオススメします。


ちなみに僕が使用しているロッドは


シマノ(SHIMANO) コルトスナイパーBB S906MH 342355
SHIMANO(シマノ) (2012-09-24)
売り上げランキング: 110,256


このページではショアジギングロッドの選び方を紹介していきますので、購入前の参考程度にして頂ければと思います。


ショアジギロッドの値段



もちろん安い、高いの差はありますが、エントリー用ロッドで1万円〜で販売されています。それ以下の値段でも買えない事はありませんが、ガイドが使い物にならなかったり、キャストでの飛距離が伸びなかったり。

ライントラブルも続出で釣りにならない事態にも成りかねませんので、本格的に始める場合にあまりにも安いロッドはオススメできません。ショアジギングほどロッドに負荷がかかる釣りなど存在しませんからね。


長さはどれくらい



メインにするフィールドにより基準は異なりますが、僕の周りのルアーマン達は9〜10fのロッドを使っている人がほとんどです。

飛距離が必要になる大規模なサーフでは短いロッドでは対応しきれない場合もあるので長いロッド。潮回りがよく、足元付近にも青物が回遊しており飛距離が必要ない場合は短いロッド・・・と、自分に合ったスタイルを見つけて下さい。


初心者の頃は短いほうがロッドアクションをつけやすく、また自重も軽くなり腕にかかる負担も減り、疲れもマシになります。まずは9fから始めてみるのも良いかもしれませんね!


適正ルアー



ショアジギングロッドを選ぶ時に見落としてはだめなのが「ルアー重量」です。

最大何グラムまでのジグが投げれるかによって釣りのスタイルも変わりますし、狙える魚種も変わってきます。間違ってライトショアジギングカテゴリーのロッドを購入してしまった・・・とか、よくある話です(特にネット通販の場合見落としやすい)


ブリやヒラマサなどをメインにする場合は100g以上のジグをキャストする機会が増えるので、それに適したロッドを。

僕のようにメジロ、シオ、シイラ、クラスがメインとなると最低でも40g〜80gぐらいのスペックはあったほうが良いかと。ちなみにプラグ重量は40g程度で考えておくほうがよいです。


ライン



ショアジギングはPEラインを使う釣り。ご存知の通りPEラインは性能的には文句なしなのですが、如何せんトラブルが多いライン。適合号数以上のラインを使ってしまえばロッドに必要以上の負荷を与えてしまうため、重要なポイントです。


僕の場合ですと、メインフィールドが波止や小磯、サーフになるのでそこまで太いPEを使う必要もなく、ロッドを選択する時は適合ラインが2号以上のものを選ぶようにしています。

地磯などで大型青物を狙う時は少なくてもPE3号が必要ですので、それに適合したロッドを選ぶようにして下さい。


圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク