ショアジギングタックルの特徴

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングタックルの特徴とは?


数多く、釣りのジャンルは存在しますが、そのそれぞれに特化した道具がありますし、それぞれ他にはない特徴をもっています。

「竿なんてどれでも一緒じゃないのー?」と、釣りをしない人は言うでしょう。しかし、釣りが好きで好きで仕方ない人には分かります。「気持ちの入れようが違うんじゃい!」という事を。


と、やはり専用ロッドを使っているという気持ちの高ぶりは釣果に大きく影響するものですが、それ以上にロッド自体が持つポテンシャルが大事なのです。


では、ショアジギング専用ロッドはどのような特徴があるのでしょうか?


メタルジグを投げれるバランス



そもそもショアジギング以外のルアー釣りでは、ルアーウエイトなんてせいぜい40gもあればいいとこ。普通は20gにも満たないようなミノーやエギを使用します。

では、ショアジギングはどうでしょうか?軽くても40g、重ければ100g以上・・・と、他のルアーフィッシングよりヘビーな釣りである事は一目瞭然。となると、その重たいジグを安定してキャストできるバランスが必要になってくるのです。


シーバスやエギング用のロッドではどう考えても無理ですよね。ここに専用ロッドの偉大さを感じる事ができます。


パワーのあるバット



ジグをキャストした後は、当然ながら陸に向かってリトリーブしなくてはいけません。投げたらすぐ巻く。ショアジギングの鉄則です。

しかし、ただ単に何も考えずに巻いてくるだけでは釣れる可能性が低く、なんらかのアクションを加えながら高速で巻き上げるのもまた、ショアジギングの鉄則なのです。

しかもそのアクションというのがロッドに負担がかかりやすい激しいジャークがメインとなっているため、バットが弱いロッドであれば十分にジグを動かす事ができないばかりか、アクションによる破損事故にも繋がる可能性があります。


この事からショアジギングロッドではバットを強くしていますので、やはり専用ロッドを選択するほうが賢いのかな。と思います


適合ライン



そもそもショアジギング以外の釣りでは使用するPEラインの号数0.8号、1号のように細いラインを使う事が多いのですが、ショアジギングの場合は最低でも2号以上推奨です。

となると、やはり太いラインを安定してキャストする事ができるロッドが必要になり、他のルアーロッドでは歯がたたないという事になります。


最低でもPEライン2号以上を不安なく使用できるロッドを使わなくてはいけません。(ショアジギロッドは全て対応しています)

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク