浅瀬でも釣れる?

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングは浅瀬でも可能?


「ジギング」と聞けばなんとなく深場でするものというイメージを持っている人は多いと思います。実際、ボートからのジギングでは30メートルとか50メートルとか、ショアからでは考えられない水深で釣りをする事が多いです。


では、ショアジギングの場合、ある程度の水深がなければ釣り自体が成立しないのでしょうか?考えていきます。


水深はあるに越したことはない


最初に書いておきますが、ショアジギングにおいて水深はあるに越したことはないのは事実です。経験上、10メートル以上の水深があるフィールドでの釣果のほうが、シャロー(浅瀬)よりも良いものになっています。

単純に水深があるほうが潮通しもよく、餌となるベイトフィッシュも回遊してきやすいですので。やはり、ショアジギングは浅瀬ではできないのでしょうか?


ショアジギングは浅瀬でも可能



結論から言いますと、ショアジギングは浅瀬でも成立する釣りです。極端に1メートルしか水深がない・・・という話であれば問題外ですが、3メートル以上の水深があるポイントであれば青物は回遊してきます。


ただし、どこでも青物が回遊してくるのかと言えばそうでもなく、やはり条件が揃った場所でないと厳しいのが現状。浅瀬でもできない事はないが、場所が限られる。というのが本当の答えでしょう。


水深がなくても潮通しが良い場所もありますし、なにより大事なのがベイトの有無。

餌が豊富な環境であれば、そこがどれほどシャローエリアだとしても、青物を含むフィッシュイーターは集まってきます。イワシが頻繁に回遊してくるようなポイントであれば、一度チェックしてみる事をオススメします。


ターゲットを変える



そもそも、ショアジギングという釣りは色々な魚種がつれる事にも楽しみがありますので、何も青物限定で釣りをする必要なんて微塵たりともありません。


得にシャローエリアの場合、やはり青物が回遊してくる可能性は低くなりますので、いっその事ターゲットを変更してみるのもひとつの手ではないでしょうか?


シーバスやマゴチ、ヒラメ、カサゴ(ガシラ)、チヌ(黒鯛)などなど、ジグに高反応を見せる魚は沢山いますので、一度挑戦してみるのも良いかもしれませんね!

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク