シーバスロッドとの併用でも可能なのか?

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングはシーバスロッドでも大丈夫?


海のルアー釣りで最もポピュラーとされており、なおかつその手軽さから人気が高いシーバスフィッシング。最初はシーバスから・・・とソルトルアーの世界に足を踏み入れた人も多いのではないでしょうか?


そんな人はいずれ「ショアジギングもやってみたい・・・」と思考がシフトチェンジする可能性が高い(僕もそうです)のですが、いきなり道具を全て揃えるのも考えもの。

そこで考えつくのが「シーバスロッドでできないかな」という疑問。


果たしてショアジギングはシーバスフィッシングとの道具併用はできるのでしょうか?考えていきます。


結論



最初に結論からですが、シーバスロッドをショアジギングで使用する事は可能です。というより、僕も始めた当初は7000円程のシーバスロッド(最悪壊れてもよいレベルのもの)を使いショアジギングを始めたものです。


ブリ、ヒラマサクラスになると釣り上げるのはほぼ不可能だと思いますが、ハマチやシオクラスであれば十分にやりとりできますし、ショアジギング用のロッドより自重が軽いのでアクションもつけやすいです。


メータークラスのシイラもシーバスロッドで釣り上げた事があります。


ではでは、ショアジギング用のロッドは必要ないのか?というとそうではなく、シーバスロッドでも一応大丈夫。という認識のほうが正しいです。やはり本気でショアジギングをするのでしたら、専用ロッドを購入する事をオススメします。


考→ショアジギングロッドの選び方


シーバスロッドのスペックは要確認



一言でシーバスロッドといってもそのスペックは様々で、場合によってはショアジギングで使用するとガイドが破損したり、ロッドそのものが折れてしまったりと、最悪の結末を迎えてしまう恐れがあります。


まずルアーウエイトですが、シーバスロッドは28グラムを最大ウエイトに設定している場合が多いです。そもそもシーバスゲームでそこまで重いプラグを投げる必要はありませんのでこのスペックは妥当なもの。


しかし、ショアジギングでは40グラム以上のジグを扱う事が多く、通常のシーバスロッドではほぼ使いものになりません。20グラム程度の小さなジグしか扱えず、選択の幅が狭くなるのがデメリットの一つだという事も理解しておきましょう。


そして、最大ライン号数にも注意が必要。


一般的なシーバスロッドの場合、その多くが1号程度のラインを使用する事を前提にできています。ショアジギングのメイン号数は2号程度。どう考えてもオーバースペックなのは分かりますよね。


PE1号であれ、やり取り次第で魚を釣り上げる事は可能ですが、やはり不安は多く残りますし、根が多い場所では一瞬にしてラインブレイク・・・という事もありますので、リーダーを太くし、3ヒロぐらいの長さを巻いておく事を強くオススメします。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク