ショアジギングで釣れる時間帯は?

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ショアジギングで釣れる時間帯を見極める


海というのは潮の影響で潮位も変わりますし、流れも変わります。その影響下で魚たちは生活しているので、潮の存在は切ってもきれないものなのです。僕達人間が朝昼晩も食事をとるのと同じで、魚たちにも生活リズムがある事を分かっておきましょう。

魚がやる気(食い気)がないときにジグを投げても無視される可能性が高いですし、回遊性の魚であればそもそもジグの届く射程圏内に来ないことも。

では、ショアジギングで釣れる(釣れやすい)時間帯はいつなのでしょうか?


マズメ時



釣りの基本中の基本。

朝マズメ、夕マズメを狙っておけばほぼ間違いないでしょう。魚の活性が上がりやすく、時には爆釣だってあり得ます。個人的には夕マズメよりも朝マズメのほうが良い釣果を得る事ができています。

朝4時ごろからスタンバイして、9時ごろに納竿する。これが僕のスタイルになりつつあります。


マズメ時には魚の活性が上がるという事は、もちろん餌となるベイトフィッシュの活性も上がるという事。水面近くまで浮上してきたり、岸よりに接岸してきたり・・・・。

それを追って大型の青物がジグの射程圏内に入ってくるという訳ですね!


昼間は釣れないのか?



では、マズメ以外の昼間は釣れないのか?というとそうではなく、粘り続ければ釣れる可能性も多いにあります。ただし、体力と気力の問題になる事は事前に分かっておいたほうが良いでしょう。

マズメにはベイトフィッシュの活性が上がると前述しましたが、昼になるにつれて活性も下がってきます。すると浮いていたベイトが底に沈んだり、接岸していたベイトが沖にいってしまったり。


要はジグの射程圏内に青物が回遊してくる可能性が低いという訳。なので、昼は釣れないのではなく、釣れにくいという事を分かっておきましょう。


この事から、昼に青物を釣るには、青物の気分次第の回遊待ちとなりますので、ひたすらジグを投げ続ける必要があります。いつ回遊してくるかなんて誰にも分からないのですから。

ちなみに青物を追いかけれるボートジギングの場合は時間帯関係なしに釣れる事が多いです。


潮回りは関係するのか?



釣りをしている人の会話を聞いていると「◯◯潮が〜」と言っている人が多いと思いますが、もちろんショアジギングでも潮回りで釣果が分かれる事があります。

大潮だから、小潮だから・・・といった話ではなく、干潮時の水深であったり、大潮の潮時の流れの早さだったり・・・。ポイントによって影響は変わってくるのですが、その微妙な変化で魚の機嫌が悪くなる事なんてのはしょっちゅうある事なのです。

こればかりは魚に聞いてみないと分からない事ですが、よく行くポイントがあるのであれば、その場所の特性を見ぬくことを目標に通う事にしておきましょう。


圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク