ライトショアジギングについて

ショアジギングを楽しもう!

▼MENU

ライトショアジギングとは?



ショアジギングは2つのカテゴリに分けられており、その内の一つが「ライトショアジギング」です。


ややこしいので当サイトではショアジギングもライトショアジギングも同じ扱いで考えているのですが、念のため「ライトショアジギング」についても書いておこうと思います。


ライトショアジギングとはなんぞや?



その名の通り、ショアジギングよりもライト(軽い)タックルで、比較的サイズが控えめな青物をメインターゲットにする釣りです。初心者入門用にもピッタリですね!

ライトショアジギング用のロッドも発売されており、専門でやり込むこともできるようになりました。

メジャークラフト(Major Craft) ソルパラショアジギング SPS-902LSJ
メジャークラフト(Major Craft) (2011-05-31)
売り上げランキング: 29,441



メジャークラフトの場合、LSJというものがライトショアジギングモデルになっています。


ライトショアジギングに適したリール


メインターゲットが小さくなるという事はそれに対してジグも小さくなってくる(20〜40グラム)ので、リールもそれほど大きなものを揃える必要がありません。PE1号でも勝負する事はできるでしょうし、3000番台のリールがあれば代用する事も可能です。


とにかく大事なのは糸巻き量。最低でもPE1号が200メートル。欲を言えば2号を200メートルほど負けるスペックは欲しいです。


狙えるターゲット


  1. ハマチ(イナダ)
  2. シオ(カンパチの幼魚)
  3. ソーダガツオ
  4. アジ
  5. ペンペン(シイラの幼魚)
  6. サゴシ
  7. カマス
  8. エソ
  9. 根魚全般

など、色々な魚種をターゲットにする事ができます。


タックルを揃えるべきか?



さて、これからショアジギングの世界に足を踏み入れようとしている人には、ライトショアジギングなるカテゴリは悩みのタネになっているかもしれません。

タックルはそれぞれ揃えるべきなのか?そのような悩みを持つ人も少なくないはず。


結論を言ってしまえば、個人的に「ライトショアジギング」というカテゴリはないもの。と考えるのが良いと思っています。もちろんライトなターゲットも楽しいのですが、わざわざ専用のタックルを揃える必要性はありません。

通常のショアジギングロッドでも十分狙えますからね。


ライトショアジギ用のタックルでは、不意の大物に対処できず悔しい思いをする事になりますが、ショアジギ用のタックルで不意の小物がかかった所で微塵足りとも影響はありませんよね?

これが答えです。


もちろん、お財布事情に余裕がある人はそれぞれ揃えておくほうが良い事は間違いありません。

圧倒的釣果!メタルマルは絶対に手に入れておくべき!

魚種限定解除!というキャッチフレーズの通り、ほんとなんでも釣れちゃいます!これまで僕が釣ったのは「ハマチ」「マルアジ」「アコウ」「ガシラ」「シーバス」「タチウオ」「カマス」「サワラ」・・・etc

売り切れ続出で中々手に入らないですが、ルアーケースに1つは欲しい、ショアジギ最強アイテムです。※近日レビュー記事書きます

今後の更新は新サイトにて行うことになりました

「ショアジギングを楽しもう」は、【ツリイコ】という新サイトに統合することになりました。今後更新はコチラのサイトにて行うことになるので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。


ショアジギング以外にも、シーバス、メバリング、アジングなどなど、ルアーフィッシング全般の情報配信をしていますので、今後ともよろしくお願いします。

新サイト→ツリイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ一覧

ショアジギ基礎知識

道具について

基本テクニック

運営サイト

プライバシーポリシー

スポンサードリンク